耐震等級「命を守る住まい」について

先日YKK apさんのセミナーに参加させていただきました。

 

セミナーの内容は「耐震」についてのものでした。

地震大国である日本で、ここ数年で想定以上に大地震が頻発しており、また日本全国で発生しているので、安心できるエリアが無くなってしまったと私も実感していました。

 

その中で地震後の被災住宅を検証し、どういった構造の家が倒壊し、どういう倒壊がされているのか、また倒壊しなかった家の構造はどうだったのかをセミナー講師である株式会社M’s構造設計の代表取締役である佐藤実先生が詳細に分かりやすく解説して下さいました。

 

内容について、詳細は割愛させていただきますが(車での例え話が非常に分かりやすかったです)、その話を聞いて家という建築物の構造の重要性を改めて感じました。

耐震等級は1から3までありますが、1は建築基準法に適合する基準ですが、震度6強~7の大地震が起こった際、1回であれば倒壊を免れ命が守られるレベルです。ただし躯体に損傷が発生し、その家に住み続けることは出来なくなる可能性がほとんどです。また熊本地震のように稀なケースですが、2回目が発生した場合は、完全に倒壊してしまいます。

 

耐震等級3は耐震等級1の1.5倍耐震性があり、大地震が起きた際には、倒壊されず人命を守り、尚且つその後も住み続けられるレベルになります。

大地震で被災した後の状況の中で、ポツンと倒壊をされていない家がまさに耐震等級の高い家だとイメージ出来ると思います。

実際短い周期でこれだけ大地震が起き、被災された状況を何度も目の当たりにすると、いかに家の耐震性が大事かと感じます。

 

一般の木造住宅においても構造計算をして、耐震等級は3を標準としていきましょうという内容でしたが、まさにその通りだと感じました。

当然コストもかかることではありますが、弊社も構造計算や耐震性能の重要性についてお客様に説明していきたいと思います。