確定申告のお話

今年も確定申告のシーズンが終わろうとしています。

 

住宅ローンを利用して自宅を購入された方は初年度については、住宅ローン控除申請の為に確定申告が必要となります。(次年度以降は年末調整で可能)

サラリーマンの方はそれ以外は、通常勤務先の年末調整で済みますので、確定申告にはあまり縁が無かったことと思います。

 

しかし、医療費控除または昨年新設されたセルフメディケーション税制控除を申告されない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

年間のご自身と併せて生計を一にする親族の医療費の年間支払額合計が10万を超えるケースや(公共交通機関利用の通院費も算入可能です)セルフメディケーション対応医薬品の年間購入支払金額が1万2千円を超えるケース(ただし健康管理や疾病予防を実施する要件があります)には税金還付の可能性がありますので、医療費やセルフメディケーション対応医薬品の領収書は取っておいたほうがいいと思います。

 

意外に控除対象金額を超えるケースがあっても申告されない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一度累計金額を計算されることをオススメします。結構対象金額近くになる方は年度によっては控除対象に該当することもあると思います。

 

詳細は下記厚生労働省HPでご確認下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html